首イボに効く、いい塗り薬ないかな・・・。

私はもう何年も前から首イボが出来て困っています。大きくなっていないだけいいのですが、体を動かしたり寝ている向きを変えるときに少し気になってしまいます。そのため自分でかいたりしながら取りたいところですが、あまり取ろうとすると痛くなるから断念します。今は首イボの治療をするものが塗るタイプのもので通販にありますが、なかなか手を伸ばしにくいと思っています。定期コースはなんだか近寄りがたいし、無駄な勧誘や解約も本当はしにくいのではないかと考えたりします。
しかし首イボが若いときからあるからほうかっておくのは辛いし、でも取るのも怖いし塗るタイプならと思うけれど、定期コースになっているのが嫌だと思っています。定期コースに入ったところで実感度があるまでに何回も買わなければいけないという点は、結局解約しやすくてもしにくくても同じだと思います。そのためなかなか通販に手を伸ばせずに困っています。寝ているとときどきイボとベッドとくっついて居心地の悪さを感じます。向きを変えたりしながら調整しています。
やはり一番いいのは自分で取ることだけれど、引っ張るといつも痛いです。変にいじったりすると大きくなると困るからあまりいじらないようにしています。普通の薬局には首イボなどの解決出来るものが売っていないか気になります。もしあったとしても効果がない場合、首イボは逆に大きくなったりしないか心配です。本当は治したいと思っているけれど、簡単にこれと決めれないのが困っています。大きくなったら取るときにもっと痛いと思うし、かなりふくれたらもうどうしようもないかなと思ったりしています。だからあえて手を伸ばさずいじらず放置しています。結局どうしていいか分からないから困っています。もう少し首イボに関する情報があると嬉しいと思うけれど、いろいろ心配になるばかりだから困っています。すぐ取れて体に影響のないものはないだろうか考えています。
でも最近、首イボ塗り薬を発見したんです!コレなら何とかなりそうです。すぐに試して皆さんに報告しますね。

熊本市民病院前の日本調剤薬局の薬剤師さん、ありがとう!

先月の出来事です。私はあまり風邪を引いたりはしない体で、熱などもあまり出たことはありませんでした。

ある日、鼻づまりが気になってはいましたが、体育の授業で水泳だったので、補習がイヤだったのでその日は水泳をしました。朝起きると頭が痛く、熱を測ってみると微熱でした。とりあえず学校へ行って放課後、病院へ行くと解熱剤、痰切りの薬、咳止め、鼻づまり、の薬をもらいました。その日は痰は出ていなかったので、痰切りの薬は飲みませんでした。

それから3日ほど経ってもなかなか良くならなかったのですが、どうしても彼氏に会いたく、会いに行きました。

その日は遅かったので彼氏の家に泊まりました。咳がひどくて痰も出始めたので、その日の夜、初めて痰切りの薬を飲みました。すると、朝起きると全身真っ赤になっており、蕁麻疹ができていました。急いで病院へ行くと、「もしかしたらこのどれかの薬でアレルギー反応がでたのかも?可能性的にはこの痰切りの薬が高いと言えます。でも、まだ微熱があるから無理をして蕁麻疹が出た可能性もあります」と言われました。

その日はアレルギー反応を止める薬を出してもらい、注射をしてもらいました。看護師さんがベットに寝せてくださり、注射を打ってくださりました。そこまでは良かったのですが、手が痺れ始めたので少し違和感があったのですが、そのままいっとき経ってから薬をもらいに日本調剤熊本薬局へ向かう途中気分が悪くなり倒れてしまいました。薬局からの記憶はあまりありませんが、薬剤師の方々が運んでくださり、病院の方へ行きました。

過呼吸になり、脈拍もゆっくりになり大変でした。注射のアレルギー反応が出たかもしれないと医者の方には言われました。それから、点滴を一時間ほどして、体調は良くなりました。初めての体験で怖かったですが、薬って怖いな〜と実感させられ良い体験だったのかもしれません。是非是非みなさんは薬にはお気をつけてください。
そして日本調剤熊本薬局の薬剤師さん達、本当にありがとうございます!
あんな薬局で働けたらいいな~と思いました。熊本市在住の薬剤師の方は是非!⇒ http://薬剤師求人熊本市.com/

暑い夏でもお得な動物園

ペンギン
私が最近嬉しかったことは近くの動物園に行ったことです。私は動物が好きだから動物園に行ったことはとても思い出になりました。

たまたま動物園が1年に1回の無料開放日だったから行きたいなと思いました。私の家族は父、母、私の3人家族です。もう高齢の部類にもなる父や母ですが、今回家族3人で動物園に行けたことはとても嬉しく感じました。

私が特に好きな動物は鳥です。近くの動物園にはガチョウやカモはいませんが白鳥がいるから少し興味がありました。白鳥は相変わらず2匹でのんびり仲良く過ごしており、とても微笑ましく感じました。さらに鳥のコーナーに行ってみるとインコや変わった鳥もいました。鳥の方をじっと見ると鳥はときどき足を檻にぶら下りながらこっちの方をじっと見ているときがあります。インコは言葉を覚えている数が少ないけれど、ときどき発言するこんにちはとか覚えなくてもいい言葉も出てくることが少し面白いです。

相変わらずカバは元気だけれど、カバには私たちが思っている以上に不思議な部分もあります。カバの汗は赤い汗をかくと言われているけれど、汗が空気中の物質により酸化してしまうから赤くなるそうです。カバは口が大きいですが、やはり硬いものを砕く力もあるそうです。カバも見てみると不思議なところがあります。

途中で暑くなったから冷房のきいている白熊やペンギンのコーナーに行きました。ペンギンは寒いところで育っているから氷が大好きだし、白熊も同じように氷が好きです。白熊は白くてかわいいところもあるけれど、肉食だと考えると少し怖い部分もある気がします。

父も母も私が喜んでいる姿を見ると嬉しそうにしたりします。母も懐かしいと言っているけれど、父は歩くことに疲れてしまい少し休憩もとりました。全部歩くことは少し困難だったけれど、少しでも見ることが出来てとても嬉しい思い出になりました。また家族で心に残る思い出を作りたいと思いました。